渋滞警報!ホーチミン港で貨物船転覆事故、コンテナ18個が川に転落!

コラム:会社ニュース 投稿日:2021-05-11
4月26日午前8時頃、ホーチミン市ニャ?パイアンの協福新港(tchp)に停泊していた貨物船が突然横転し、コンテナ18個が川に落ちた。

事故を起こした貨物船はモンゴル籍でalicaulaanbaatarと命名され、積載量2470トンで、コンテナ54個を積み込み、協福新港からインドネシアに向けて出発しようとしていたところ、横転事故を起こし、18個のコンテナがスクロプラ川に落下した。

船に乗っていたインドネシア人、インド人、マレー人の乗組員10人は無事に脱出し、人命被害はなかった。

事故発生后、ホーチミン市の各机能部門は同港で転覆したコンテナ船を緊急救助し、他の航路に影響を与えないようにコンテナが沈んでいるかどうかを調べ、同水域を通過する船舶の分流を統制しています。現在、事故原因を調査中です。

この管内の河川では、以前にも大型貨物船の転覆事故があった。2019年には、285個のコンテナを積んだ貨物船が転覆沈没し、港が混雑し、150トンの油を処理して船を引き揚げた。

ここで注意して、ベトナムに関系する貨物の貨主は、できるだけ早くこの船に貨物が積載されているかどうかを把握し、速やかに連絡して処理します

中国とベトナム間の貿易が盛んで、運運網のデータによると、上海港からホーチミン港までの各船主の航路は週に25本、54便に上り、貨物主はこの上で検索して適切な航路を選ぶことができる。より多くの国内外の詳しい輸送情報をクリックして、あるいは文の末に「原文を読む」維運網(www.weiyun001.com)に入って、ワンストップで簡単に体験を検索してください。


亚洲一区图片专区